読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fly to the neverland FF14手記

サーバー:Gungnir PN:Yjiro Otsubo

ナイト転向、忠義の剣!

白魔道を極める下地は整った。(極めるとは言っていない。)

 

f:id:koolnia:20160728201147j:plain

 タンクに転向しました!!(唐突)

 

yjiro.hateblo.jp

いやぁ、前回の記事で白魔道士向けのアディショナルスキルも揃えていよいよこれからって時だったのですが、色々悩んだ結果・・・タンクに転向しちゃいました。()

f:id:koolnia:20160728201628j:plain

何故急にタンク?というと、これはまあ色々理由があっての積み重ねで決めた訳なのですが、一つ一つあげていくと・・・

 
一つ目、今まで特にピンとくるクラスが無かった。

 

元々、星占がちょっと興味あったのですが、これはイシュガルドからという事で断念。DPSで興味があるのは忍者ですが、何やら印システムがめんどくさそう・・・後最初からは選べなかった。タンクも元々興味がなかった訳ではないのですが、事前情報にて初心者タンクは厳しかったり、豊富な知識や装備の更新が求められるとの事で敬遠してました。

それならもうなんでもいいか・・・と言う事で、一緒に始めた友達が槍術士をやりたいとの事で合わせる形で白魔導士を選んだんですね。槍術士はグリダニアから始まるので、合わせるならば必然的に幻術or弓術になるので、DPS+DPSはどうかなと思っての選択です。

 
二つ目、需要がある!

f:id:koolnia:20160728203454j:plain

 

最近、知り合いも増えてレベルレやダンジョンへのお誘い頂く事も多くなってきました。そんな中感じるのは圧倒的タンク不足!タンクやれる人が少ないのです。

ヒーラーもロール需要は高いのですが、こちらは結構サブでやられてる人が多い印象で、割とすぐに補充できます。

先にも触れましたが、タンクは初心者はあまりやらないほうがいいというイメージが強く、実際覚える事・やる事も多いので、サブでもやりたがる人は少ないのでしょう。実際自分も敬遠していた訳ですし。

それなら、自分がやればいいんじゃない?という事です。単純。

人がやりたくない事を進んでやるという自己満足に浸る為でもあります。

というか、白魔道士を選んだ時もそうなのですが、基本的に回りに合わせ気質ってのもありますね。

どうしてもバランスとか需要とかを考えてしまう、後は人気職ってのはあまり興味なくなるという天邪気質ってものあるかもしれませんw

f:id:koolnia:20160728204430j:plain

 
三つ目、ちっこいララフェルがメイン盾をするという事自体に魅力を感じる!

f:id:koolnia:20160728202545j:plain

 

分かりますかね?w

 

やはりタンクといったらルガティン族が様になってるとは思いますが体の小さいララフェルが一番前線に出て敵の攻撃をすべて受け止めるっていう絵面がもう魅力的だなぁと、これはゲームを始める前から考えていました。

ララフェルの小さい体に暗黒騎士の大きな大剣とかいいですよね!鎧を着込む姿もとっても可愛い。

 

後はちょっと違うのですが、ダンジョン内でボス部屋に入るとき当然タンクが先行して入るわけですが、その後ろ姿がまたかっこいいんですよね!俺の背中についてこい!みたいな感じで・・・w

戦いの火蓋がきって落とされた、みたいな感じでなかなかあがりますw

f:id:koolnia:20160728202904j:plain

f:id:koolnia:20160728204659j:plain

 
四つ目、自分のペースでゲームメイクできる+初心者タンクという茨の道への挑戦!

 

まず、自分のペースでゲームメイクできると言う事。

タンクは基本的にその需要から即マッチングなので、行きたい時にダンジョンが行けてストレスフリー。ダンジョン内ではタンクの進行で進んでいくので自分のやりたい用にゲームメイクできる。ゆっくり進んでもいいし、サクサク手早い進行で進むのもよし、基本的にDPSやヒーラーはタンクの進行に合わせる形になります。

自分は主導権を握りたい性格なので、タンクというロールは非常に自分と相性がいいです。

 

次に初心者タンクという茨の道への挑戦。

タンクは先に書いた通り好き勝手に進行できる分、失敗した時の責任が重くのしかかります。初心者だとその責任を背負いきれないことが殆どのようですね。

じゃあ背負いましょう、自分がという事でwそういう責任感が発生する役割や、茨の道って言われている物に挑戦するって事に魅力を感じたんですね。実際タンクで予習に予習を重ねて初見で行くダンジョンで知らない人からMIPを3つ貰えた時は本当にうれしかった物です。(お情けかもしれないですけどね)

予習なしの初見でフレッシュな気持ちでダンジョンに行くのも魅力的ですが、予習に予習を重ねての初見ダンジョン本番も自分としてはかなり楽しいです。(楽しかったです)

当然最初はサスタシャに行ったわけなのですが、それはもう予習に予習を重ねましたwそれでも不安だったので、身内2人捕まえてドキドキしながら行きましたよ。道中コントローラーを持つ手が震えまくりましたし、心臓もバクバクでした。

クリアした時の喜びはそれはもう半端ではなかったです。サスタシャ自体はヒーラーで何度もいってるのに・・・ですw

f:id:koolnia:20160728203016j:plain

 

つまりタンクが楽しいんですよ、単純に。ヒーラーも楽しくないわけではないのですがw

また、タンクのダンジョン攻略は一度だけでは終わらないんですね。ここはこうだったから次はあそことあそこを纏めて見るか・・・とかこの巡回モンスターはかなり強引に引いて処理するか・・・とか、ダンジョン中もたくさん考える事がありますし、次の進行をより良くする為に何度も何度も同じダンジョンに通う、これがまた楽しいんですよ。

ここで上げた事は人によっては煩わしく感じる部分もあるかもしれませんが、自分はその全てが魅力的に感じるからタンクにあってるなぁ、そういう事です。

 
五つ目、初心者を助ける事ができる。

 

自分はFF14を初めてかなり多くの人に助けられています。当然その時感じた恩は、後々自分が初心者を助けてあげる事によって循環・還元していきたいと考えています。

その時、ちゃんと自分が良いタンクができるようになっていれば、初心者のDPSやヒーラーを助けてあげる事ができるのではないか?自分はそう考えた訳ですね。

 

これは自分が始めてカッパーベルをクリアした時の話なのですが、実はボス出現のムービーを見てる時に、タンクさんが先行してボス部屋に入って行き、所謂締め出しを食らったんですね。

その時の気持ちはなんとも言えない感じでした。しかもヒーラー抜きでクリアできてしまったという・・・w

まあ、今でこそムービーを飛ばせという気持ちは理解できるのですが、自分はそういう考えを初見の人に押し付けるつもりはないですし、後の例の8人コンテンツであろうとムービー中は待っててやろうくらいの余裕を持ちたいと考えております。

だから、自分がタンクをやる事によって、初心者が楽しめるような進行にしたいと考えています。

f:id:koolnia:20160728203126j:plain

 

余談なのですが、後に行った初心者LSのトトラク初見さんの御手伝いの時に、一緒に支援参加した神楽さんから「じろタンク素晴らしかった!初心者の為にボス部屋でもギミックにマーキングしてあげる人はそうそういないよ」と褒められた事がありました。

とても嬉しかったです。上の考えをちゃんと実践できたんだなぁ、と。

 
6つ目、仮に挫折してもヒーラー道の肥やしにできる

 

実際ヒーラーとタンクは密接にリンクしていますので、タンクを挫折してもヒーラーとしてワンランク上にいけるかなぁ、そう考えました。つまりどう転んでも無駄にはならない。

 

と、まあ色々理由を挙げましたが、やる前は自分への挑戦(キリッ)とかやりがい(キリッ)とか初心者を助けたい(キリッ)とか意識高そうな事考えてた訳ですが、実際始めてみて続いているのは単純に楽しいからだと思います()

あとパーティに誘ってほしいから

 

以上!!

 

 

ちなみに、ナイト戦士でずいぶん悩んだのですが、ナイトにしました。

理由は盾がかっこよかったからです(^p^)ぇぅ

f:id:koolnia:20160728203636j:plain

f:id:koolnia:20160728204625j:plain