Fly to the neverland FF14手記

サーバー:Gungnir PN:Yjiro Otsubo

自分なりの死者の宮殿ポイント

 

f:id:koolnia:20160926221242j:plain

前回の日記で、ここ最近は激動の1ヶ月でした~次の日記あたりで書きますと言ったのですが、実はとある事情があり、記事はできているのですが投稿はできない状態となっております、
そんな訳でまた更新放棄しないように、つなぎで死者の宮殿について自分用に纏めたのでちょうどいいかなと記事に起こしました。

死者の宮殿はここ一ヶ月でかなり通ってまして、こいつも激動の1ヶ月の原因となっておりますw
今手元には踏破報酬の土器片21個ありますね。一ヶ月で溜めたにしてはなかなかなのではないでしょうか?
しかし、DD武器に関しては3本しか持ち出してないですねw
+30から+0に戻ったときの火力の無さに結構絶望するんですよね、なので基本的に+30固定にして上っております。


それでは解説していきます。

f:id:koolnia:20160926221124j:plain

 

死者の宮殿を安全に踏破する上で重要なポイント
「トラップを作動させない」「一度に複数の敵と戦わない」「場合によっては味方を見捨てる」です。順番に解説していきます。


一度に複数の敵と戦わない

死者の宮殿では、30Fを超えると攻撃力が高いモンスターや厄介な範囲攻撃・状態異常を付与してくる敵が非常に多いです。
更に巡回モンスターが多く、特に要注意エネミーは巡回型に多いです。部屋の中の敵を複数相手にしている時に、巡回型に見つかるとアッという間に溶かされます。
25F以上くらいを目処に複数相手にするのは止め、一体一体処理していきましょう。


トラップを作動させない。

死者の宮殿の全滅パターンの1つとして非常に多く警戒しなければならないのは、PTメンバーが「誘引トラップ」を踏んでしまった事により3体の敵モンスターが召喚され、合わせて元々部屋内にいたモンスターや巡回モンスターに見つかってしまい、複数の敵と戦闘になってしまう事です。特にDPS×4構成の場合あっという間に壊滅する危険性があります。
また、「誘引トラップ」程ではないにしろ、HPの半分以上のダメージを与える「地雷トラップ」、30秒の間WS禁止&沈黙状態になってしまう「阻害トラップ」も全滅の危険性があります。
死者の宮殿では、これらの厄介なトラップを如何に作動させないようにするか?作動してしまった場合どのように処理するか?が踏破を狙う上で重要になってきます。

まずは作動させない手段です。

死者の宮殿で常に意識した方が良い事として、通路で戦う(部屋内で戦わない)という事が言えます。
先に記述した数々のトラップは部屋の中に設置されており、通路で戦う事を徹底すれば戦闘中にトラップを踏んでしまうという事は絶対に起こりません。
その為、タンクが敵を遠距離攻撃で通路まで釣り、1体ずつ順番に処理していくというのが死者の宮殿での基本的な進行となります。
もしタンクがいない場合は、射程の長い攻撃をもってるジョブが通路から攻撃し、敵の方から通路まで来てくれるのを待ちます。
止むを得ず部屋内で戦わなければならない状況になってしまったら、立ち位置を早めに決めて其処からなるべく動かないように戦うと良いです。

部屋内の敵処理が終わったら宝箱がある奥部屋の場合、必ず1人だけが部屋の中に入り宝箱を開けに行きます。これも万一トラップが作動した場合、被害を1人に抑える為です。
移動の為に通り抜けなければならない部屋の場合、先頭の通った道を多少間隔を空けながらついていくといいでしょう。
先頭と同じ道筋を歩けばトラップが作動する事はないですし、間隔を空ける事によってトラップが作動した場合も被害は先頭だけで済みます。

魔土器を使い、予め作動の危険を取り除いておく方法もあります。

「魔土器:呪印解除」はフロアのトラップを全て解除する効果があります。最初にこれを使っておけば不意のトラップ作動からの全滅の危険性を排除できます。
「魔土器:サイトロ」はフロアのマップを全て開示する効果と、トラップを目に見える状態にしてくれる効果があります。こちらも最初に使えば余計な部屋に行く必要もなくなり、トラップが可視化されている為、作動の可能性はほぼなくなります。
この2つの魔土器の数は常に確認しておき、n6F以上の階層に到達している場合、数を残りフロアに合わせながら使っていくのがいいでしょう。

次に、もしトラップが作動してしまった場合の対処です。

「誘引トラップ」を作動させてしまった場合、まずは部屋の状況を確認しましょう。「誘引トラップ」で敵が3体湧きますが、攻撃してくるまでは少し間がありますので落ち着いてください。部屋の中に他の敵がいない、もしくはいても1体程度の場合はタンクとヒーラーがいれば普通に処理できる可能性もあります。
それ以外、特にDPS×4構成の場合は直ぐに「魔土器:形態変化」もしくは「魔土器:マンティコア化」を使用しましょう。

「魔土器:形態変化」は一定時間、周りの敵を無力な雑魚敵に変化させる効果がありますので、その内に全力攻撃します。
ただし、上の階層になると数が多いと形態変化中に敵を処理できず効果が切れて結局全滅というパターンもあり得ますので過信してはいけません。その為削りきれないと判断した際は、他の手段や2回目の形態変化も視野にいれるとよいでしょう。

「魔土器:マンティコア化」は敵をワンパンで倒せるモンスターに変身する魔土器です。多数に囲まれてる状況でも即座に制圧する事ができるでしょう。
ただし、マンティコア化していても死ぬ時は普通に死ぬので、なるべくヘイトを取っていない(=一番離れているor「誘引トラップ」を踏んだ人以外)が使うといいでしょう。

リミットブレイクが溜まっている場合、ソーサラー職はリミットブレイクで一気にダメージを与えるといいでしょう。
「誘引トラップ」3体程度ならソーサラーの範囲型リミットブレイクで十分対処できますし、それ以上の数の場合は「魔土器:形態変化」等と組み合わせると良いと思います。

「地雷トラップ」「阻害トラップ」を踏んだ場合でも、直後に敵とリンクすると全滅の恐れがありますので、状況に応じて魔土器やリミットブレイクを使いましょう。
先頭のタンクだけが踏んだ場合、もう一人のタンクが挑発してスイッチしてフォローしたり、ヒーラーがエスナ系で状態異常をケアしてあげると良いでしょう。

 

場合によっては味方を見捨てる


死者の宮殿では、複数の敵を相手にしない為に大量リンクしてしまった味方はあえて転がした方がいい場合が有ります。

具体例を上げます。

タンク・近接DPS・近接DPS・自分ヒーラーの組み合わせの時に、奥に宝箱がありタンクが部屋の中にいる敵の視線を避けながら端沿いに宝箱を取りに行くとします。他3人はセオリーに従って部屋の外の通路で待機しています。
しかし戦闘回避が上手く行かず、タンクが途中で中の敵に見つかってしまい戦闘状態となります。焦った近接DPS2人は急いでタンクの元に駆け寄ります。が、その途中でDPSの1人が「誘引トラップ」を踏んでしまい、4体の敵という状況になってしまいました。手元には「魔土器:形態変化」「魔土器:マンティコア化」はありません。

かなり現実的に起こりうる例を挙げてみました。結構良く見ます。
この状況で自分がヒーラーの場合、思い切って中の3人を「見捨てる」という選択肢があります。
この状況であれば、ヒールや攻撃をしなければヘイトリストに載らないので3人が倒された後にヒーラーに敵が向かっていくという事態にはなりません。3人が死んだ後にゆっくり蘇生させてあげれば全滅という最悪の事態だけは回避できます。
ただし、素直にヒールして突破できる可能性も勿論あります、そして中の3人はヒールを期待して動いている可能性もあります。ですがやはり死者の宮殿で複数の敵と戦うという事は、全滅のリスクを背負う事に直結するのでその辺りの判断はプレイヤーの腕となります。

また、ヒーラーに限らず特に遠距離職では“味方3人が複数敵と戦っていて自分はヘイトリストに載っていない”という状況が起こりやすいです。
この場合下手に攻撃するより、全員死んで戦闘が収まるまで安全な場所に退避する=「見捨てる」という選択肢を常に持てるかどうかで生存力が変わってきます。
再生の石碑の位置はどうか?(起動しているか?)自分は遠距離蘇生手段のレイズを持っているか?フェニックスの尾はもっているか?常に考えながら動きましょう。

逆に、「見捨てられる」という選択肢を意識するのも重要になります。
例えば上の例では近接DPSが「誘引トラップ」を踏んだ事にしていますが、実際は宝箱を取りに行くタンクが踏んでしまうパターンが多いです。その際、魔土器もリミットブレイクもない場合やはり苦しい展開になるので、タンク的には他の3人には見捨ててもらいさっさと蘇生してもらった方が手っ取り早いです。
蘇生を扱えるのはヒーラー3種とナイト・召喚士そしてクラス職となっています。PTの誰が蘇生手段を扱えるのかを常に考え、またできれば自分が蘇生手段を持つ事で安定性を高める事が出来ます。

 

 


ではこれまでのポイントを踏まえて、何で上るのがオススメかという話ですが個人的オススメは「ナイト」と「呪術師」です。

解説します

 

f:id:koolnia:20160926221601j:plain

「ナイト」ですが、まず死者の宮殿はタンクが1人いるだけで安定度がグッと増します。中でも「ナイト」に関しては自身の防御性能の高さ、そして死者の宮殿では4人いて1匹1匹の釣り処理をしていく場合、大きな火力は必要ないという性質が死者の宮殿の仕様と非常に噛み合っています。外とは真逆の事が起きているわけですね。
1匹1匹釣り処理をしていく場合、範囲火力がないというナイトの弱点も気になりません。更にタンクは死者の宮殿では防御スタンスを使う必要もないのでLv30の早いうちから攻撃スタンスである忠義の剣を使える点もアドバンテージの一つと言えます。タンク被りした時も対応しやすいです。

スタン技がWSという特徴も、死者の宮殿では明確に有利な点となっております。下層では敵にロブを入れてすれ違い際にシールドバッシュを入れ全員で殴れば、6秒経過する頃には倒せているので非常に安全かつテンポよく進行できます。
またWSという仕様上連発できるという点がとても強く、単体ではスタンが通る相手にはスタンハメができますし、「誘引トラップ」で3体湧いた程度であれば順番にスタンを散らしていくだけで処理できる事もあります。
巡回モンスターに複数絡まれた時もナイトのスタン技だと対処がしやすいです。
更に言うとスタンに加え、沈黙付与をこなす事もできます。

豊富な防御バフでの生存力の高さも評価ポイントです。
中でも10秒無敵技であるインビンシブルの危機回避能力の高さが凄く、他2種のタンクの同じような役割のスキルが、ヒーラーのフォローが前提のスキルであるのに対し、ナイトはそもそものダメージを受けない10秒無敵と単体で完結しています。これはヒーラーがいない構成が十分にありえる死者の宮殿では大きなメリットとなります。

サブタンク性能も高いです。
仮にタンクが2枚・3枚構成になってしまった場合も、ナイトは外とは違い積極的にサブタンクに回る事ができます。
ヒーラーがいない場合、クレメンシーの回復がメインタンクをしている時、そうでない時共に大活躍します。消費MPの高さもヘイト維持に気を張らなくていい死者の宮殿内では、ライオットルートのコンボで回収しやすいです。
かばうも要所で使っていけます。こちらも特にヒーラーがいない時のサブタンク時に、メインタンクのフォローに優秀です。
 
以上の事から、自分で進行を管理できるので安定させやすいタンク3種の中でも特に「ナイト」がおすすめという訳です。
但し、自分がメインタンクをする際、前述の「見捨てる」という戦術は性質的に取れなくなるのは注意しておいた方が良いです。メインタンクは「見捨てられる」側です。

 

f:id:koolnia:20160926221750j:plain

「呪術師」ですが、「黒魔導師」ではなく敢えて「呪術師」をあげております。
何故敢えて「呪術師」を選択するかですが、それは「呪術師(黒魔導師)」が全職中唯一、ジョブクエストスキルを取らなくても活躍できるからです。「ファイガ」「ファイア」「サンダラ」「サンダガ」+「トランス」「迅速魔」これだけで50Fまで目指せるほど、スキル回しがお手軽で完結しています。
「呪術師」で使う事ができなくなるスキルですが、「フリーズ」「アポカタスタシス」「ウォール」「フレア」「黒魔紋」「激成魔」「エノキアン」「ジャ系」です。
どれも単体処理が基本の死者の宮殿では出番が薄いです。「ジャ系」は撃って行きたい所ですが、ファイジャを覚える=60LVになる頃にはそもそもできるだけ戦闘を回避するように立ち回るので、やはり使い所が薄いです。「黒魔紋」は強力なスキルですが、移動が多くなる死者の宮殿ではやや使いにくいです。
一方で「呪術師」で扱う事ができる有用アディショナルスキルを挙げていきます。
「プロテス」「ストンスキン」「レイズ」「捨て身」「発勁」「挑発」「ウイルス」「アイ・フォー・アイ」「猛者の撃」「静者の撃」です。
白系のスキルと他DPSの火力底上げバフを扱えるのが大きなポイントとなります。
死者の宮殿のマッチングでナイトorヒーラーがいないという事態は頻繁に起こりうるので、「プロテス」「ストンスキン」は活躍しやすいです。特に死者を部屋の外から蘇生できる「レイズ」を扱えるようになるメリットはそれだけで「呪術師」を選択する価値があるといってもいいレベルで、前述の「見捨てる」戦術と合わせてDPSの身でありながら、安定性を上げるのに大きく貢献します。
「挑発」も普段では絶対使いませんが、死者の宮殿では瀕死のメンバーからヘイトを引き離し助けるのに活躍する事ができます。
流石に「黒魔導師」より素の火力は落ちてしまうのですが、やはり死者の宮殿ではそこまで過剰な火力は必要とされない点と、落ちた火力は代わりのアディショナルバフである程度局地的にカバーが利きます。

「呪術師」は、これらの豊富な支援要素と単体火力のバランスが良く、遠距離タイプでソーサラーリミットブレイク持ちという死者の宮殿に非常にマッチした性能となっておりオススメできます。何より操作が簡単というのが大きな評価点です。
ちなみに非常に地味な「呪術師(黒魔導師)」のメリットとして、レベルがガンガン上がっていく死者の宮殿において、レベルアップ時のMP全回復を利用する事により、ファイアを切らす事無く連発できるという点があります。「呪術師(黒魔導師)」を使う際はEXPゲージも見れるようにしておくと地味に便利です。


その他の職について(特徴がある職のみ)

モンク・竜騎士
基本的に近接DPSは不利と言われる死者の宮殿ですが、アビリティ属性のスタン攻撃を2種類も持っている上に高い火力が出せるモンク・竜騎士は、死者の宮殿を理解している人が使うと安定性が高いです。
勿論トラップを踏んでしまう点とDPS4構成に注意が必要です。

白魔導師
ヒーラーでありつつ、アクアオーラによる吹き飛ばしとホーリーによるスタンを扱える点が大きいです。
PTにタンクが入ればその2人だけでクリア可能な程安定しますが打たれ弱く、後ろから来る巡回には特に注意が必要です。

詩人
遠距離職なのですが、歌の仕様やフレイミングアローが悲しいくらい死者の宮殿に向いてません。
特に上層になってくるとフレイミングアローを打つスペースにすら気を使います。
味方がマンティ化した時に走りつつ歌って敵を纏める時は最強です。

召喚士
上で紹介した呪術師とほぼ同じ支援ができる点、そしてタイタンで疑似タンクを務める事ができるので安定性はバツグンです。
本来なら、ナイト・呪術師に並んでオススメできる性能なのですが、死者の宮殿内でのエギ操作のシビアさや周りの理解が得られない事が多い・テンポが悪い等の点で少しだけ評価を下げています。

機工士
遠距離職であること、沈黙・スタン・吹き飛ばし全てを扱える為、死者の宮殿に向いておりオススメです。
レイズが使えれば・・・と言った所。

星占術師
スタンスの切り替えによってヒーラー被りに強い点と、持ち前の支援力での対応力が死者の宮殿に合っていると言えます。
パッチで強化も控えています。


魔法効果について


危険な効果だけ挙げて行きます。

ステータス付与「暗闇」は敵とのレベルによっては大変危険です。絶対に止めたい技にスタンを撃ってもmissしたり、コンボが途切れたりするので出来れば解除推奨です。
「アイテム使用」禁止は魔土器含むアイテムの一切が使えなくなる非常に危険な状態です。
ポーションを飲むことすら不可能なので、ヒーラーが居ない構成でトラップにかかると悲惨です。優先して解除しましょう。解除の魔土器のみ使えます。
「ノックバック」禁止は基本的には気にしなくていいのですが、上層で保険の魔土器が「魔土器:マンティコア化」に依存している場合解除しましょう。何故か「ノックバック」禁止が掛かっていると、マンティコアのが敵を1撃で倒せなくなります。
それから、白魔や機工士が多い構成の時は解除してもよいかもしれません。
「妖霧発生」、敵の攻撃力があがります。レベル差次第ですが上層では解除推奨です。

 


要注意エネミー

1-10
パレス・ホーネット

蜂型の敵。
接敵したら優先して倒さないとファイナルスピアが飛んできて死にます。

 

10-20
パレス・スライム

緑色のすらいむ。
接敵したら優先して倒さないと爆発して死にます。

 

20-30
パレス・ミノタウロス【巡回】

f:id:koolnia:20160926223005j:plain

おっきぃ牛さん。
コイン・カウンターと同じで、トンズ・スイングを使ってきます。
トンズ・スイングはスタンで止めしましょう。複数に囲まれた場合は非常に危険ですので、大きく距離を話しつつ1体ずつ倒しましょう。
眠らせるのもありです。

 

パレス・スカテネ【巡回】

フクロウたん。
結構な勢いでチャープを使いこちらを眠らせてきます。眠りから全滅はよくあります。
このチャープは詠唱がとても速いのでスタン止めの時は注意しましょう。
もしチャープを止めれる職がいない場合、チャープは確実に食らう事になるので1人だけトドメ役としてチャープの範囲外に退避しておく等の対策が必要です。

 

30-40
ナイトメア・サキュバス【巡回】

f:id:koolnia:20160926223057j:plain

例のメイド。
ハウケタのメイドと異なる点として、接敵してから少し間を置いた後にダーク・ミストを詠唱します。スタンで止めて下さい。
複数で巡回してる事が多く2匹3匹と連続でリンクする事が多いです。
特に31Fは死者の宮殿でもレベル差の関係で死にやすいポイントで、いきなり壊滅状態に陥る事があるので注意してください。

 

ナイトメア・グルマン【巡回】

f:id:koolnia:20160926223115j:plain

見た目がこわい。
厄介な技はないのですが、攻撃力がめちゃくちゃ高いです。
もしヒーラーが後ろから絡まれたら一瞬で抜かれて壊滅する可能性すらあります。
特にDSP4構成の時は警戒してください。

 

ナイトメア・オーガ

f:id:koolnia:20160926223220j:plain


部屋内にいる敵で巡回型ほどの脅威度はありませんが、ランダムターゲットから来るハートバーンが範囲が広い上にスタン無効な為、避けにくいです。DPSが食らうと結構痛いので注意です。

 

ナイトメア・アイ

f:id:koolnia:20160926223239j:plain

スエゾー。
こちらも部屋内にいる敵です。同じく巡回型程の脅威度はありませんが、広範囲攻撃アイズ・オン・ミーがやっかいなので必ずスタン止めしましょう。

 

40-50
ナイトメア・レイス【巡回】

幽霊。
ダーク・ミストより広範囲なスクリームという技を使ってきます。
スタンで止めましょう、沈黙も効きます。
複数で巡回してる事が多く2匹3匹と連続でリンクする事が多いです。

 

ナイトメア・マンティコア【巡回】
ランダムターゲットでリッパークロウという単体スキルを使ってきますが、これが非常に高火力で複数に囲まれると危険です。
スタンが効くので止めましょう。リッパークロウは発生までが早いので注意です。

 

ナイトメア・グレイブキーパー【巡回】
かなりの勢いで予兆がみえない光のエフェクトの範囲攻撃をしてきます。
スタンもレジストなので素早く倒すしかないです。
防御が低いと一瞬で抜かれるので、特にDPS4構成では警戒が必要です。
幸い、47F~しか出ないので、溜めていた魔土器を一気に開放しましょう。

 

1-50
ミミック

f:id:koolnia:20160926223307j:plain

赤い宝箱以外を開けたときに一定確立で出現。
怨念という技を掛けられると、8分間もの間スリップダメージ+HP自然回復禁止+攻撃力低下というとんでもないデバフを付けられてしまいます。必ずスタンで止めたい所ですが、41F以降はスタンすらレジストしてくる為、41F以降は諦めるしかないです。ちょっともったいないですが、「魔土器:形態変化」を使えば止められます。
それからレベルが非常に高く設定されているので、スタン技を回避してくる事もあるので油断しないでください。

 

こんなところでしょうか?

ボスについての記述をしていないと、要注意エネミーのスクショを撮り切れていないので後々加筆するかもしれませんw

まあ、だいたいめんどくさくなってやらないんですけどね

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今後の死者の宮殿

バージョンアップで今後200Fまで追加されるとか

是非とも200Fまで上ってみたいのですが、友達いないから厳しいかな?w

 

そして、先日ver3.4のパッチノートが公開されました。

死者の宮殿関連だけ見てみましょう。

埋もれた財宝が追加されます。
ダンジョン内に埋まっている宝箱を発掘することで、ディープダンジョン専用アイテム「埋もれた財宝」を入手できます。これを所持したままダンジョンを踏破するとパーティメンバーそれぞれがコンテンツ外に持ち出せ、黒衣森:南部森林 (X:25.1 Y:20.6) にいるNPC“調査隊の鑑定士”に渡すと、さまざまなアイテムを入手できます。

これが一番大きな要素ですね。

「魔土器:財宝感知」という新アイテムを使って探すそうです。

開発曰く、「ガチャ」らしいので運ゲー引きゲー好きの自分はとても楽しみです。

ここでしかないレアアイテムもあるとか。

 

マッチングパーティでの突入時に必要な魔器装備の強化値が引き下げられます。

これは完全にめんどくさいだけの要素だったので朗報ですね。

 

転移の石塔および再生の石塔の起動に必要なモンスターの討伐数が引き下げられます。
モンスター討伐時の取得経験値量が引き上げられます。
魔土器「運気上昇」の効果量が引き上げられます。
一部のモンスターにおいて、宝箱のドロップ率が引き上げられます
地雷・阻害・宝箱のトラップが作動した際、敵対モンスターに対しても効果を発揮するようになります。

難易度が下がる調整です。今後200Fまで追加とのことなので、50Fまでは更に簡単にしていく感じなのでしょう。

でも結局戦闘中の箱開けは高リスクなのでやめたほうがいいですね。

 

サキュバス変身状態で使用できる「ヴォイド・ファイラ」、マンティコア変身状態で使用できる「殴打」のダメージが調整されます。

調整、としか書いてないので上方とも下方とも受け取れますね。

マンティコアは下方でしょうか。

 

以上となります。

死者の宮殿はビギナーさんともわいわい気軽に行けるコンテンツなので気に入ってます。

今後の動向がとても楽しみです。

 

f:id:koolnia:20160926225515j:plain

 

カストルム~イシュガルド 2.0~2.5までのメインクエスト!

※2.0ストーリー終盤のネタバレを含みます。

 

 

 

 

 2016/07/23 外郭攻略カストルム・メリディアヌム

f:id:koolnia:20160811003118j:plain

 

カルン寺院やカッターズクライでボロ雑巾にされた自分は、基本的に新しいコンテンツに行くときは予習をするようにしています。

しかし、ガルーダを討伐した際に、とある方からこの先のストーリーコンテンツはできれば、身内で固めて予習しないで行った方が楽しめるよ。とアドバイスをいただきました。

2.0ストーリーの終盤で行く事になる、外郭攻略カストルム・メリディアヌムと最終決戦魔導城プラエトリウム。こちらはなんと8人パーティでの参加が前提となっているのです。それゆえ、初見タンクなんて地雷に付き合ってくれる人が7人も集まる訳ないだろう・・・と半分諦めていたのですが・・・

 

f:id:koolnia:20160913183722j:plain

集まってくれました!!!

 

うまくいえないんですが、事前の約束もなく1時間貸してくれる人を7人集めるってこれ凄い事だと思うんです。

勿論凄いのは、自分じゃないですよ?FF14というゲームだったり、そのプレイヤーです。本当にありがたいことです。頭が上がりません。

 

集まってくださった皆様のご厚意で、メインタンクで好きなように進行して良いと言われていたので、なんと1グループ毎に処理していくというめんどくさい事をしていましたw

無知の弊害として、ラスボス前の鉄巨人の群れに喧嘩を挑むという珍事が発生しながらも、皆さんのお陰でなんとかクリアする事ができました。

f:id:koolnia:20160913191036j:plain

 ちなみに集まったメンバーは、道中デリックさんをめちゃくそにいじり倒して遊んでたけど、自分は一切余裕がなかったです。今思うとおしい事をしました。

 

そうそう後になって気付いたのですが、この日はFF14を初めて丁度1ヶ月だったようですね。

 

この1ヶ月、奇跡という言葉を使うとちょっと臭くなりますが、まあ奇跡の連続だったと思います。

 

あの日こっぺぱんさんのシャウトを拝見して

f:id:koolnia:20160913193040j:plain

FCハウスを覗きに行かなければくすりさん達と会うこともなかったかもしれません。

くすりさんに会う事が無ければ、初心者LSに入れてもらう事もなかったでしょうし、デリックさんと愉快な仲間達に出会う事もなかったのかな。タンクも多分やってなかったでしょうねw

毎日外人とFack youのコピペ(http://dic.nicovideo.jp/a/fack)みたいな毎日を送っていたかも・・・それも悪くは無いですがw

 

とまあ、巡り巡って今の人脈というか交友関係がある訳で、こっぺさんには勝手に感謝している訳です。以前お話する機会があった時にそういう話をお伝えした事があります。

 

その時いただいた言葉です。

f:id:koolnia:20160913193719j:plain

「じろさんや、確かにきっかけは俺のシャウトだったのかもしれない。けど、結局はじろさんが自分から1歩踏み出した結果なんだよ。じろさんがうちのハウスを見に来てくれたという行動を起こしたから今があると思う。だから誇っていい。」

 

この日から当方こっぺ推しです。

jp.finalfantasyxiv.com

フリーカンパニー「Miris Braccae」をどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:koolnia:20160913194804j:plain

f:id:koolnia:20160913194817j:plain

f:id:koolnia:20160913194843j:plain

f:id:koolnia:20160913194848j:plain

 

 

 

2016/07/24 最終決戦魔導城プラエトリウム

翌日、プラエも無事身内だけで突入する事ができました。

f:id:koolnia:20160913183830j:plain

f:id:koolnia:20160913183902j:plain

今回はサブタンクでの参加だったのでメインタンクのまとめ進行の先導についていったのですが、まあまあ他人の城でやりたい放題の光の戦士陣営。

カチコミ感が凄すぎて終始笑っていました、逆に帝国側が哀れになってきた。

 

f:id:koolnia:20160913184001j:plain

破壊の限りを尽くす光の戦士陣営。

 

f:id:koolnia:20160913184239j:plain

f:id:koolnia:20160913184757j:plain

ちなみにカストルムもプラエもですが、PTメンバーがカットシーンにちゃんと映るのがいいですね。おじい可愛いよおじい。

 

 

しかしアルテマ戦あたりで気付いたのですが、このコンテンツ・・・光の戦士陣営が強すぎて、サブタンクの役割なくない???タンク1でDPS5で入ったほうが早く終わるよね・・・?

 

 


と、言うわけで。。

f:id:koolnia:20160913184607j:plain

f:id:koolnia:20160913184646j:plain

最終的に戦闘を放り出してみんなのかっこいいSSを撮る事に夢中になっておりました。宛ら戦場カメラマン。

そして気付いたらなんかアルテマ死んでた。
実質MGSからの逆シャアだった。

 

f:id:koolnia:20160913185049j:plain

無事クリア!2.0最後のID終了です!

 

しかし、アルテマ戦最後のカットシーン。

f:id:koolnia:20160913185305j:plain

f:id:koolnia:20160913185314j:plain

ここまでは純粋にかっこいい!と感動していたのですが

 

f:id:koolnia:20160913185222j:plain

f:id:koolnia:20160913185233j:plain

ガンダムZZ???

 

 

 

2016/08/04 イシュガルド突入


そしてその数日後、ナイトLVカンスト&イシュガルドエリア突入!!

f:id:koolnia:20160913195641j:plain

やっとここまできたという感じ。

 

とうとう若葉マークが取れてしまい、言い訳ができない身体になってしまいました。

 

あとですね、カンストという事でいよいよミラプリにも手を出しました。

f:id:koolnia:20160913200128j:plain

f:id:koolnia:20160913200731j:plain

やはりナイトといったら白コートという事で、とくにヒネりもないシルバリーディフェンダーのピュアホワイトですw

 

そうそうミラプリといえば結構お金が飛ぶのを覚悟していたのですが、かなり安価でできるのですね。自分は昔、アラド戦記というネトゲをやっていて、あのゲームにもミラプリに当たるシステムがあるのですが、1部位100Mは当たり前でしたからね。
5k程度で出来てしまうのはびっくりです。

 

 

さて、ナイトが60になってストーリーも1段落。装備も整え、ミラプリもした。

ここからはまったりとプレイ・・・そう考えていたのですが、ある事を決意した為この先、激動の1ヶ月を送る事になります。日記を更新をしている暇がなくなったのは割りとこの為・・・w

ある事とは?次回かまたその次の日記で・・・

ナイト転向、忠義の剣!

白魔道を極める下地は整った。(極めるとは言っていない。)

 

f:id:koolnia:20160728201147j:plain

 タンクに転向しました!!(唐突)

 

yjiro.hateblo.jp

いやぁ、前回の記事で白魔道士向けのアディショナルスキルも揃えていよいよこれからって時だったのですが、色々悩んだ結果・・・タンクに転向しちゃいました。()

f:id:koolnia:20160728201628j:plain

何故急にタンク?というと、これはまあ色々理由があっての積み重ねで決めた訳なのですが、一つ一つあげていくと・・・

 
一つ目、今まで特にピンとくるクラスが無かった。

 

元々、星占がちょっと興味あったのですが、これはイシュガルドからという事で断念。DPSで興味があるのは忍者ですが、何やら印システムがめんどくさそう・・・後最初からは選べなかった。タンクも元々興味がなかった訳ではないのですが、事前情報にて初心者タンクは厳しかったり、豊富な知識や装備の更新が求められるとの事で敬遠してました。

それならもうなんでもいいか・・・と言う事で、一緒に始めた友達が槍術士をやりたいとの事で合わせる形で白魔導士を選んだんですね。槍術士はグリダニアから始まるので、合わせるならば必然的に幻術or弓術になるので、DPS+DPSはどうかなと思っての選択です。

 
二つ目、需要がある!

f:id:koolnia:20160728203454j:plain

 

最近、知り合いも増えてレベルレやダンジョンへのお誘い頂く事も多くなってきました。そんな中感じるのは圧倒的タンク不足!タンクやれる人が少ないのです。

ヒーラーもロール需要は高いのですが、こちらは結構サブでやられてる人が多い印象で、割とすぐに補充できます。

先にも触れましたが、タンクは初心者はあまりやらないほうがいいというイメージが強く、実際覚える事・やる事も多いので、サブでもやりたがる人は少ないのでしょう。実際自分も敬遠していた訳ですし。

それなら、自分がやればいいんじゃない?という事です。単純。

人がやりたくない事を進んでやるという自己満足に浸る為でもあります。

というか、白魔道士を選んだ時もそうなのですが、基本的に回りに合わせ気質ってのもありますね。

どうしてもバランスとか需要とかを考えてしまう、後は人気職ってのはあまり興味なくなるという天邪気質ってものあるかもしれませんw

f:id:koolnia:20160728204430j:plain

 
三つ目、ちっこいララフェルがメイン盾をするという事自体に魅力を感じる!

f:id:koolnia:20160728202545j:plain

 

分かりますかね?w

 

やはりタンクといったらルガティン族が様になってるとは思いますが体の小さいララフェルが一番前線に出て敵の攻撃をすべて受け止めるっていう絵面がもう魅力的だなぁと、これはゲームを始める前から考えていました。

ララフェルの小さい体に暗黒騎士の大きな大剣とかいいですよね!鎧を着込む姿もとっても可愛い。

 

後はちょっと違うのですが、ダンジョン内でボス部屋に入るとき当然タンクが先行して入るわけですが、その後ろ姿がまたかっこいいんですよね!俺の背中についてこい!みたいな感じで・・・w

戦いの火蓋がきって落とされた、みたいな感じでなかなかあがりますw

f:id:koolnia:20160728202904j:plain

f:id:koolnia:20160728204659j:plain

 
四つ目、自分のペースでゲームメイクできる+初心者タンクという茨の道への挑戦!

 

まず、自分のペースでゲームメイクできると言う事。

タンクは基本的にその需要から即マッチングなので、行きたい時にダンジョンが行けてストレスフリー。ダンジョン内ではタンクの進行で進んでいくので自分のやりたい用にゲームメイクできる。ゆっくり進んでもいいし、サクサク手早い進行で進むのもよし、基本的にDPSやヒーラーはタンクの進行に合わせる形になります。

自分は主導権を握りたい性格なので、タンクというロールは非常に自分と相性がいいです。

 

次に初心者タンクという茨の道への挑戦。

タンクは先に書いた通り好き勝手に進行できる分、失敗した時の責任が重くのしかかります。初心者だとその責任を背負いきれないことが殆どのようですね。

じゃあ背負いましょう、自分がという事でwそういう責任感が発生する役割や、茨の道って言われている物に挑戦するって事に魅力を感じたんですね。実際タンクで予習に予習を重ねて初見で行くダンジョンで知らない人からMIPを3つ貰えた時は本当にうれしかった物です。(お情けかもしれないですけどね)

予習なしの初見でフレッシュな気持ちでダンジョンに行くのも魅力的ですが、予習に予習を重ねての初見ダンジョン本番も自分としてはかなり楽しいです。(楽しかったです)

当然最初はサスタシャに行ったわけなのですが、それはもう予習に予習を重ねましたwそれでも不安だったので、身内2人捕まえてドキドキしながら行きましたよ。道中コントローラーを持つ手が震えまくりましたし、心臓もバクバクでした。

クリアした時の喜びはそれはもう半端ではなかったです。サスタシャ自体はヒーラーで何度もいってるのに・・・ですw

f:id:koolnia:20160728203016j:plain

 

つまりタンクが楽しいんですよ、単純に。ヒーラーも楽しくないわけではないのですがw

また、タンクのダンジョン攻略は一度だけでは終わらないんですね。ここはこうだったから次はあそことあそこを纏めて見るか・・・とかこの巡回モンスターはかなり強引に引いて処理するか・・・とか、ダンジョン中もたくさん考える事がありますし、次の進行をより良くする為に何度も何度も同じダンジョンに通う、これがまた楽しいんですよ。

ここで上げた事は人によっては煩わしく感じる部分もあるかもしれませんが、自分はその全てが魅力的に感じるからタンクにあってるなぁ、そういう事です。

 
五つ目、初心者を助ける事ができる。

 

自分はFF14を初めてかなり多くの人に助けられています。当然その時感じた恩は、後々自分が初心者を助けてあげる事によって循環・還元していきたいと考えています。

その時、ちゃんと自分が良いタンクができるようになっていれば、初心者のDPSやヒーラーを助けてあげる事ができるのではないか?自分はそう考えた訳ですね。

 

これは自分が始めてカッパーベルをクリアした時の話なのですが、実はボス出現のムービーを見てる時に、タンクさんが先行してボス部屋に入って行き、所謂締め出しを食らったんですね。

その時の気持ちはなんとも言えない感じでした。しかもヒーラー抜きでクリアできてしまったという・・・w

まあ、今でこそムービーを飛ばせという気持ちは理解できるのですが、自分はそういう考えを初見の人に押し付けるつもりはないですし、後の例の8人コンテンツであろうとムービー中は待っててやろうくらいの余裕を持ちたいと考えております。

だから、自分がタンクをやる事によって、初心者が楽しめるような進行にしたいと考えています。

f:id:koolnia:20160728203126j:plain

 

余談なのですが、後に行った初心者LSのトトラク初見さんの御手伝いの時に、一緒に支援参加した神楽さんから「じろタンク素晴らしかった!初心者の為にボス部屋でもギミックにマーキングしてあげる人はそうそういないよ」と褒められた事がありました。

とても嬉しかったです。上の考えをちゃんと実践できたんだなぁ、と。

 
6つ目、仮に挫折してもヒーラー道の肥やしにできる

 

実際ヒーラーとタンクは密接にリンクしていますので、タンクを挫折してもヒーラーとしてワンランク上にいけるかなぁ、そう考えました。つまりどう転んでも無駄にはならない。

 

と、まあ色々理由を挙げましたが、やる前は自分への挑戦(キリッ)とかやりがい(キリッ)とか初心者を助けたい(キリッ)とか意識高そうな事考えてた訳ですが、実際始めてみて続いているのは単純に楽しいからだと思います()

あとパーティに誘ってほしいから

 

以上!!

 

 

ちなみに、ナイト戦士でずいぶん悩んだのですが、ナイトにしました。

理由は盾がかっこよかったからです(^p^)ぇぅ

f:id:koolnia:20160728203636j:plain

f:id:koolnia:20160728204625j:plain

 

 

 

ダンジョンの進捗と白魔道士のアディショナルスキル。

ダンジョン攻略

トトラクの千獄

f:id:koolnia:20160717233137j:plain

FF14ダンジョンをサスタシャ・タムタラ・カッパーベルとクリアし、

次にやってきたのがここ、監獄廃墟トトラクの千獄

 

f:id:koolnia:20160717233535j:plain

f:id:koolnia:20160717233602j:plain

f:id:koolnia:20160717233618j:plain

f:id:koolnia:20160717233647j:plain

もう見た目通りというかなんというか、毒をかけてくる敵が多くて、

毒をエスナで解除しないとタンクさんのHPがゴリゴリ減っていく。

しかも、このゲームって毒が重複するらしく、複数かかった毒を解除するには

その分エスナを唱えなければならないみたい。

前3つとは比較にならないくらいヒーラーとして忙しいダンジョンでした。

 

 

カルン理没寺院

f:id:koolnia:20160717234758j:plain

f:id:koolnia:20160717235003j:plain

f:id:koolnia:20160717235052j:plain

 

いや、ひどい目にあいました。

お父さんに連れられて行ったのですが、初見で予習なしでは

行っていけない所でしたね・・・。

 

まず、中ボス1が死の宣告を使ってくるわけですが、

必死にエスナかけまくってそのまま死にました。

実際には死の宣告を解除するにはとうるステージギミックが必要で・・・

という物でした。教えてくれよ!お父さん!;

 

更に中ボス2では範囲攻撃のタックルを食らって1撃で即死しました;

あと全体的に思ったのですが、回復がとっても忙しい!

敵の攻撃力がグンと上がっていている気がします。

 

f:id:koolnia:20160718000946j:plain

タンクさんがめっちゃかわいかったのが癒しでした。(*´ω`*)

 

カッターズクライ

f:id:koolnia:20160718001424j:plain

f:id:koolnia:20160718001514j:plain

f:id:koolnia:20160718001523j:plain

いや、ひどい目にあいました。(2度目)

ここに関してはもう完全に初見お断りなボスがいらっしゃいました・・・w

ネタバレになるので詳しくはかかないのですが、

とある予備動作の後、当たるとほぼ即死の2種類の広範囲の攻撃を撃って来るので

あらかじめ対応した安置に移動しなければならない・・・というものですが

初見だと対応は無理ですね。しばらく何が起きてるかわからず死にまくりました。

何故か初見ではないはずのお父さんも死にまくってた。

CFでマッチされた方には相当迷惑をかけましたね・・・。

これ以降のダンジョンは全て予習しようと誓いました。

 

デキる白魔道士になる為に

カルン寺院とカッターズクライのアツい洗礼を受け呆然し、

今より1ステップ上がらなければなるまいと決意しました。

と、いうかパーティメンバーが死亡する事が増え、実感したのですが

 

レイズ・・・詠唱長くない・・・?

 

そうだ・・・迅速魔取ろう・・・。

 迅速魔とは、直後の魔法詠唱を1度だけスキップすることができる

呪術士の26lvスキル。

これを取れば白魔道士でも使用することができ、レイズの長い詠唱も破棄して

味方を即蘇生する事ができる。

 

ついでに味方にバリアを貼る巴術士の34lvスキル

アイ・フォー・アイも纏めて取ろう。

 

という訳で始めました!

f:id:koolnia:20160718012956j:plain

呪術士と・・・

 

f:id:koolnia:20160718013058j:plain

巴術士!むーたん

 

DPSに触れて思ったのですが、とても火力が高いですね!

最初を白魔道士で始めているので特に呪術士の火力が凄くて、

序盤のソロ狩りが凄く楽でした。

だけどダンジョンに行くときのマッチングが長すぎるっ・・・w

40分とかザラですね、こちらも白魔道では即マッチングなのでびっくりしました。

 

そのせいで20超えてからのレベリングが多少辛かったのですが、

f:id:koolnia:20160718013802j:plain

お友達になったルネッタ姉さんから、「卵ワイン」という

中毒性の高いレベリング方法を教わり・・・

CF申請を出しながらFATEや卵ワインをコツコツひたすらコツコツ・・・

 

f:id:koolnia:20160718014136j:plain

とれました!迅速魔!

スクショはないのですがアイ・フォー・アイもちゃんと続けてとりました!

 

その過程で

f:id:koolnia:20160718014533j:plain

f:id:koolnia:20160718014553j:plain

初めてボスFATEを討伐!

これはなかなかに燃えました!

10人以上4PTくらいいたでしょうか?それでも10分以上戦ってた気がします。

 

知らない人同士で即興で協力して大型モンスターを討伐するのはロマンがありますね。

 

それにしてもこの二つの職のレベリングにかなりのリソースを裂いてしまいましたw

ストーリーはハケウタで止まってますし、ブログもまともに更新できずw

 

ですがこれで白魔道を極める下地は整ったので

ゆっくりカンスト目指していこうと思います。

f:id:koolnia:20160718015217j:plain

 

LSに入りました!

その日は突然に


以前、LS卒業式の見学に連れていってくださった、くすりさんからtellがくる。
「前の卒業式してたLSに興味あるならココ(座標)においで~」


勿論興味アリアリですよ!
ブログまで立ち上げちゃいましたもの!


さっそく指定された座標に向かいます、どうやらリムサ・ロミンサの一角みたいですね。
というか、例の卒業式をやった所の直ぐ近くっぽいです。


到着すると、うおっ!人がいっぱい!
集会なのでしょうか?


くすりさんが直ぐこちらに気付いて手を振ってくれます。
集まってる人達にあっという間に囲まれてしまいましたw
f:id:koolnia:20160717222421j:plain
「囲めー囲めー」




その中の一人の女性が「yjiroさん、こちらへ」
女性が座布団型のミニオンを召喚します。
f:id:koolnia:20160717222548j:plain
「どうぞ、お座りください」


せ、接客用の座布団…だと…っ!?こんな物まで用意されているのか…FF14…!!!

f:id:koolnia:20160717222848j:plain
f:id:koolnia:20160717223115j:plain
「改めまして、卒業生で今は支援者をしてます白凛と申します^^」



卒業生・・・?
以前撮ったスクショを確認すると・・・
f:id:koolnia:20160717223813j:plain
あっ、あっ!たしかにいらっしゃる!

「これから、初心者支援LS、E2-Academyの説明をさせて頂きます。」


面接が始まった!



白凛さんが説明してくれたお話を簡単に纏めると、


・基本的に自由!ビギナー主体なので
 自由にパーティ募集や質問可!

・卒業ラインは、イシュガルド到達まで!

・あくまでゲームなのでリアル優先!

・上下関係はないが、相手を尊重する事!

・楽しむを前提に作られたLSなので、全力で楽しむ!


白凛さんの説明を聞いていて、素直に関心いたしました。

こういうのは、一見当たり前のようなことですが、こういうことを取り決めとして
キッチリ明確にしているグループというのは素晴らしいことだと思います。



そして、


「お聞きします、E2-Academyへの入学を希望しますか?」

「はい!」


f:id:koolnia:20160717231014j:plain
入学!

FF14で初めての日本語コミュニティ!
素直にうれしいです!

しかも、あの感銘受けた卒業式を行ったLSにそのまま加入できたのですから
橋渡しをして頂いたくすりさんには頭があがりません。


最後にその場にいらっしゃったメンバーでスクショを撮影!

f:id:koolnia:20160717231615j:plain
皆さん、これからよろしくお願いします!

彼は変わってしまった。

お兄さん?

ある日の事、以前結婚式でフレンドになった人と、リムサ・ロミンサエーテル広場で再開しお話をしている所に、またまたお父さんが駆け付けてきた。

 
 
あ、お父さん、こんにち………

f:id:koolnia:20160709195815j:plain

は!?!?!?!?!?

f:id:koolnia:20160709195921j:plain

いやいや、ドヤ顔キメてんじゃないよ!
誰!? 
おとんが幼児化してしまった!
 
あまりの衝撃に平手打ちのエモーションを連発したら、
 
>お父さんはYjiroに泣いてみせた。
>お父さんはYjiroに泣いてみせた。
>お父さんはYjiroに泣いてみせた。
 
ってやかましいわ!
 
思わず近くにいた、自称ララフェル好きのお姉さんが仲裁に入ってきちゃう

f:id:koolnia:20160709195852j:plain

このお姉さんとはこの後フレンドになりました。
 
しかし、どうして急に?
アウラの格好はとってもダンディーできまっていたのに。
理由を聞いてみると、
「lalafell so cute!」
 
せやなぁ…
ララフェルを選ぶのに、可愛いから以上の理由いらんなぁ…
 

f:id:koolnia:20160709201553j:plain

その姿は・・・紛れもなくお父さん・・・!

 

どうやら幻視の薬というアイテムで見た目を変えれるみたいですね。

突然、見慣れた人の姿が変わるとびっくりしますねw

 

 

 

f:id:koolnia:20160710200824j:plainその後ちゃんと仲直りしました^^

 

  ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

再び、あの家を訪ねる

 

 

 

 

f:id:koolnia:20160709190920p:plain ブログを無事立ち上げる事はできた。

だが、SS付きの記事にして良いか本人達に確認を取らねばなるまい。

そう思い、再びあの家を訪れる・・・。

 

  f:id:koolnia:20160707015035j:plain誰もいなかった。。。

 

そうだよね、あの時たまたま3人居ただけで、留守の時もあるよね。

自分はメールより電話、電話より直接会って話す派なのですが、この場合致し方なし。Tell(個チャ)を送ろう。 

まずはしぇりさんから、

 

「これこれこうで、SS付きの記事にしていいですか?(略」f:id:koolnia:20160709191643j:plain「よかろう(略」

 あっ、姉御・・・っ!お早いご帰宅で・・・! 

 

教授さんにもTellを送る。

「これこれこうで、(略」f:id:koolnia:20160710230022j:plain 「よかろう(略」

お早いご帰宅で・・・!!

っていう教授さんもララになってる!とっても可愛い。。。

 

 お二人とも快諾してくれました。しかもそれだけではなく・・・

f:id:koolnia:20160711001828j:plain

装備一式をその場で製作してプレゼントしてくれましたっ!

 

全身レイトンブランドですw  手持ちの染料で染めると・・・

f:id:koolnia:20160711002234j:plainマグマ団・・・?

 

f:id:koolnia:20160711002439j:plainありがとうございます、教授さん。

大切に使わせてもらいますね。

しかし教授さんのララ本当にかわいい。

 

そうこうしてる間に、FCの方が帰宅して・・・f:id:koolnia:20160711002822j:plain

お家で各々製作作業をする図。

この家族のような空間が、ちょっとうらやましかったです。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

そうそう

 この頃ようやく幻術士がLv30になりまして白魔道士になることができました!f:id:koolnia:20160711010524j:plainf:id:koolnia:20160711010411j:plain

カンストまではあと30lv...

とりあえずはこのまま白魔道士でやっていこうと思います。        

念願のマイチョコボ!そしてミニオン。

f:id:koolnia:20160703194149j:plain

こいつの名前はAgetowにしました。

 

 

メインクエストを進めまして、ようやく念願のマイチョコボ

チョコボに乗ってフィールドを練り歩いてこそのFFという感はありますよね。

f:id:koolnia:20160703195351j:plain

f:id:koolnia:20160703195405j:plain

やったぜ。

これで移動が楽になります。

 

ちなみにFF14ではチョコボの他にも騎乗できる動物や乗り物が用意されてます。

 

f:id:koolnia:20160703195701j:plain

f:id:koolnia:20160703200056j:plain

こちらもその一つ、鳥。(まあチョコボも鳥ですが。)

お父さんがギフトで送ってくださいました。ありがたい。


 

f:id:koolnia:20160703203257j:plain

そういえば、先日の結婚式の引き出物で頂いたのがこのミニオンです。

ミニオンはペットみたいなもので、こちらは箱型のミニオンです。

結婚式を挙げる際に、主催がリアルマネー有料プランにした場合のみ送られるものらしいです。意外とレアかも?

FF14を初めて3日で手に入れた冒険者はあんまりいないでしょうねw

 

f:id:koolnia:20160703203937j:plain

f:id:koolnia:20160703203925j:plain

 

待機していると、中からクリスタルを大事そうに抱えた黒ウサギが

顔を出すのが可愛いです。

 

f:id:koolnia:20160703204514j:plain

他にもクエストを進めてたら貰えたチゴーラーヴァくん。

幼体の時はとても可愛いですね。幼体の時は。

 

ミニオンやマウントは様々な種類と入手方法があるようなので、

これから先楽しみですね。